サルビア・サギッタータ [Index] [Back]

Salvia sagittata

Salvia sagittata

Salvia sagittata

エクアドルからペルー、チリのアンデス山地が原産です。標高3000メートルの高地に生え、高さは90〜150センチになります。葉は黄緑色で厚く、三角形をしています。夏から秋にかけて、総状花序をだし、青紫色の花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の常緑多年草で、学名は Salvia sagittata。
英名は Arrow leaf sage。
Arrow leaf sage (Salvia sagittata) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Andes; Ecuador, Peru and Chile. This herb occurs in highlands about 3000 m elevation and can reach 90-150 cm in height. The leaves are thick, lime-green and deltoid-shaped. The racemes are borne and bloom violet-blue flowers from summer to fall.
愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp