サルビア (緋衣草)

Salvia splendens

Salvia splendens

Salvia splendens

Salvia splendens

Salvia splendens

Salvia splendens

ブラジルが原産です。ふつうに「サルビア」といえばこのスプレンデン
ス種を指します。高さは30〜60センチほどになり、3月から11月ご
ろ、真っ赤な花を咲かせます。花弁はすぐに落ちますが、色づいた萼
が残るために枯れないようにみえます。最近では園芸品種も多く作
出され、ピンク色や紫色、白色、黄色などの花色もでてきました。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia splendens。
英名は Scarlet sage。
Scarlet sage belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that
is native to Brazil. This herb can reach 30-60 cm in height and blooms
bright red flowers from March to November. The petals fall soon, though
the colored calyces remain for a long time. There are now many cultivars
with flowers in various colors - pink, purple, white or yellow.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp