サルビア・スブロツンダ [Index] [Back]

Salvia subrotunda

Salvia subrotunda

Salvia subrotunda

Salvia subrotunda

ブラジルからアルゼンチン、パラグアイに分布しています。高さは0.9〜1.5メートルになります。葉は明るい緑色で心形をしています。晩春から霜降まで、鮮やかな朱色の花を咲かせます。ハミングバードや蝶の蜜源になっています。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia subrotunda。
英名はありません。
Salvia subrotunda belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native to Branzil, Argentina and Paraguay. This herb can reach 0.9-1.5 m in height. The leaves are bright green and heart-shaped. The vivid scarlet flowers bloom from late spring until frost. It is a source of honey for hummingbirds and butterflies.
茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2008年11月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp