サルビア・スペルバ [Index] [Back]

Salvia x superba 'Blue Queen'

Salvia x superba 'Blue Queen'

おそらくは「サルビア・ネモローサ(Salvia nemorosa)」と「サルビア・アンプレクシカウリス(Salvia amplexicaulis)」との種間交雑種と考えられています。確たる証拠はありませんが。乾燥には強く、高さは60〜90センチになります。葉は灰緑色で卵形、対生します。5月から10月ごろ、長い穂状花序をだし、青ふじ色から淡いピンク色の花を咲かせます。写真の品種は「ブルークイーン(cv. Blue Queen)」。
シソ科アキギリ属の半常緑多年草で、学名は Salvia x superba。
英名はありません。
Salvia x superba belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is probably an interspecific hybrid between Salvia nemorosa and Salvia amplexicaulis. There is no conclusive evidence. This herb has drought-tolerant and can reach 60-90 cm in height. The leaves are silvery green, ovate and arranged oppositely. The long spikes are borne and the violet-blue to pale pink flowers bloom from April to October.
埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、2010年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp