サルビア・トメントーサ

Salvia tomentosa

Salvia tomentosa

東ヨーロッパから西アジアに分布しています。高さは1メートルくらい
になり、6月から7月ごろ、淡い青紫色の花を咲かせます。ヨーロッパ
では古くから、腹痛薬や疣の治療薬として使用されてきました。現在
では、葉は香辛料やハーブティーに利用されています。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia tomentosa。
英名は Balsamic sage。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年07月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp