サルビア・イエローマジェスティ

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

Salvia madorensis cv. Yellow Majesty

メキシコ西部が原産のマドレンシス種(Salvia madorensis)の園芸品種
です。高さは2メートル以上になり、10月から11月ごろ、長い穂状花
序をだして黄色い筒状花を咲かせます。わが国でも本州の関東地方
以西では、枝を切り、根元を落葉などで被えば越冬できます。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia madorensis cv. Yellow
Majesty。英名は Salvia 'Yellow Majesty'。
Salvia 'Yellow Majesty' (Salvia madorensis cv. Yellow Majesty) belongs to
the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is a cultivar of
Salvia madolensis; native to western Mexico. This herb can reach up to 2
m in height. The long spikes are borne and the yellow tubular flowers
bloom from October to November. It can pass the winter in the west of the
Kanto region of Japan.
[上・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中1] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[中4・中5] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp