サンチュ (搔き苣) [Index] [Back]

Lactuca sativa var. angustana

Lactuca sativa var. angustana

Lactuca sativa var. angustana

Lactuca sativa var. angustana

Lactuca sativa var. angustana

Lactuca sativa var. angustana

おそらくは中国が原産です。高さは60〜100センチになります。わが国には古い時代に渡来しました。茎は太く、葉は披針形で互生します。葉にはわずかに甘い香りがあり、サラダや焼き肉に利用されます。茎もまた、生食用や調理して利用されます。葉や茎は、成長すると苦くなります。和名では「かきちしゃ(搔き苣)」または「くきちしゃ(茎苣)」と呼ばれます。
キク科アキノノゲシ属の一年草または越年草で、学名は Lactuca sativa var. angustana。英名は Celtuce, Stem lettuce。
Celtuce belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an annual or biennial herb that is probably native to China. This herb can reach 60-100 cm in height. It was introduced into Japan in the ancient days. The stem is thick and the leaves are lanceolate, alternate. The leaves are slightly sweet flavour and used for mixed salads, beef broils. The stem is also used for raw or cooked. They are turning bitter when aging.
[上] 千葉県香取市大角にて、2011年10月17日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2010年11月16日撮影。
[中3] 同上にて、2010年05月18日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月14日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp