さんごじゅ (珊瑚樹)

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki

Viburnum odoratissimum var. awabuki
Viburnum odoratissimum var. awabuki
Viburnum odoratissimum var. awabuki
Viburnum odoratissimum var. awabuki
Viburnum odoratissimum var. awabuki
わが国の本州、関東地方南部以西から四国・九州、それに東南アジアに広く分布しています。生垣や防火・防風樹、街路樹にと利用価値のきわめて高い樹木です。5月から6月ごろに白い花を咲かせたあと、夏の終わりから秋にかけて真っ赤な果実をつけますが、そのとき花梗までサンゴのように赤く色づきます。
スイカズラ科ガマズミ属の常緑小高木で、学名は Viburnum odoratissimum var. awabuki。英名は Sweet viburnum。
Sweet viburnum (Viburnum odoratissimum var. awabuki) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a semi-tall evergreen tree that is distributed widely southward from southern Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu, as well as Southeast Asia. This tree serves many uses such as hedges, windbreak plantings and roadside trees. The white flowers come in May to June, and following the fruits ripen red in late summer to fall. The pedunculars turn red and look like corals.
[上・中1] 茨城県神栖市太田にて、2008年06月27日撮影。
[中2・中3] 長野市松代町東寺尾にて、2004年06月19日撮影。
[中4・中5] 大阪府東大阪市東豊浦町「生駒山」にて、
2005年10月03日撮影。
[中6] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 東京都品川区荏原「星薬科大学」にて、
2013年06月01日撮影。
[中10〜13・下] 宮城県利府町「宮城県県民の森」にて、
2015年03月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp