さんごしとう (珊瑚紫豆)

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

Erythrina x bidwillii

オーストラリアで作出された「アメリカでいご(Erythrina crista-galli)」と「エリスリナ・ヘルバケア(Erythrina herbacea)」との交配種です。高さは2.5〜4メートルになり、葉は菱形をしています。7月から9月ごろ、長い花序をだして、鮮やかな濃赤色の花を咲かせます。別名で「ひしばでいご(菱葉梯梧)」とも呼ばれます。関西地方では、冬になると地上部はほとんど枯れてしまいます。
マメ科デイゴ属の落葉低木で、学名は Erythrina x bidwillii。
英名はありません。
Erythrina x bidwillii belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a small deciduous tree that is a interspecific hybrid between Coral tree (Erythrina crista-galli) and Erythrina herbacea. This tree was breeded in Australia, and it can reach 2.5-4 m in height. The leaves are diamond. The long clusters are borne and bloom bright dark red flowers from July to September. The terrestrials are blighted in winter in Kansai district of Japan.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中1] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年07月07日撮影。
[中4] 同上にて、2006年09月29日撮影。
[中5〜中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2013年09月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)。
[中8・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2014年03月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp