さんいんぎく (山陰菊)

Chrysanthemum indicum var. aphrodite

Chrysanthemum indicum var. aphrodite

Chrysanthemum indicum var. aphrodite

Chrysanthemum indicum var. aphrodite

わが国の本州、富山県から山口県にかけての日本海側と瀬戸内側
の山口県光市まで分布しています。「シマカンギク(C. indicum)」の変
種ですが、全体に大きいのが特徴です。葉は5中裂し、裏面に白い
軟毛が生えています。10月から12月ごろ、枝先や葉腋に直径30〜
45ミリの白色または黄色の頭花を咲かせます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum indicum var.
aphrodite。英名はありません。
[上・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中1・中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年12月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp