さんかくい (三角藺)

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

Scirpus triqueter

わが国の各地をはじめ、ユーラシア大陸にも広く分布しています。河
川のほとりや湿地に生え、高さは50〜100センチになります。長い
根茎で広がり、3稜のある茎を伸ばします。葉は退化して鞘となり、
茎の下部を包んでいます。7月から10月ごろ、茎の先端に花序をつ
けます。花序の上には苞葉があります。「かんがれい」と似ています
が、花序に柄があるのが特徴です。
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus triqueter。
英名はありません。
'Sankaku-i' (Scirpus triqueter) belongs to Cyperaceae (Sedge family). It is
a perennial herb that is distributed to all over Japan and Eurasian Continent.
This herb occurs in marshes or along streams and can reach 50-100 cm in
height. It spreads by rootstocks and borns triquetrous stems. The leaves
are degenerate, turn to sheaths and wrap the underpart of stems. The
petiolated clusters are borne on the stem apices from July to October. The
bracts are arranged on the stems.
[上] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年06月24日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2008年08月07日撮影。
[中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年07月17日撮影。
[中2〜中4] 同上にて、2006年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp