さんかよう (山荷葉)

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

Diphylleia grayi

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それにサハリンに分布しています。山地から亜高山帯の林内に生え、高さは50〜60センチになります。茎の上部に2個、深い切れ込みのある大きな葉をつけます。5月から7月ごろ、茎頂に白色の6弁花を咲かせます。果実は紫色に熟し、食べることができます。名前は、山に生える「はすの葉(荷葉)」ということから。
メギ科サンカヨウ属の多年草で、学名は Diphylleia grayi。
英名はありません。
"Sankayou" (Diphylleia grayi) belongs to the Berberidaceae (the Berberry family). It is a perennial herb that is distrubted northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido of Japan, and as well as the Sakhlin. This herb grows in mountain to sub-alpine forests and can reach 50-60 cm in height. It sends out the large, deep notched, two leaves at the upper stem. The white, six-petaled flowers bloom at the tip of stem from May to July. The fruits ripen purple and are good to eat.
[上・中3] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中14・中15] 同上にて、2014年06月28日撮影。
[中4] 長野県木島平村「南ドブ湿原」にて、2003年07月19日撮影。
[中5・中6] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中7〜中9] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中10] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、2013年07月20日撮影。
[中11・中12] 同上にて、2014年05月31日撮影。
[中13] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、2014年06月01日撮影。
[中14・中15] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[中16・下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン「にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp