サンセベリア・パルバ [Index] [Back]

Sansevieria paruva

Sansevieria paruva

アフリカの東部、ケニアとブルンジが原産です。葉は緑色で濃緑色の横縞が入り、反り返って長さは20〜40センチになります。ロゼットは6〜12個の葉で構成されます。
リュウゼツラン科チトセラン属の常緑多年草で、学名は Sansevieria paruva。英名は Kenya hyacinth。
Kenya hyacinth belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen perennial herb that is native to eastern Africa, Kenya and Burundi. The leaves are medium green with dark green cross bands, reflexing about 20-40 cm long. The rosettes are composed of 6-12 leaves.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp