サンケジア・スペキオサ (金葉木)

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

Sanchezia speciosa

エクアドルからペルー、ブラジルが原産です。熱帯雨林に分布してい、日向でも日陰でもよく育ち、高さは2メートルほどになります。葉は大きくてエキゾチックで、太い葉脈がよく目立ちます。その葉脈は、同じ個体のなかでも大きな変異があります。ほとんど周年、細い筒状花を咲かせます。萼のように見える苞は、赤橙色をしています。和名では「きんようぼく(金葉木)」と呼ばれます。 
キツネノマゴ科サンケジア属の常緑小低木で、学名は Sanchezia speciosa。英名は Shrubby whitevein。 
Shrubby whitevein (Sanchezia speciosa) belongs to the Acanthaceae (the Ruellia family). It is an evergreen shrub that is native to Ecuador, Peru and Brazil. This shrub grows in rainforest and can reach about 2 m in height. The leaves are large, having exotic mood and prominent thick veins. Their veins highly variable in the same individual. The thin tubular flowers bloom in mostly year round. The bracts are red-orange and resemble calyces in appearance. 
[上・中1〜2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年02月28日撮影。
[中3・中4] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中5・下] 東京都江東区「夢の島熱帯植物園」にて、
2014年08月30日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp