サンビタリア (蛇の目菊)

Sanvitalia procumbens

Sanvitalia procumbens

Sanvitalia procumbens

Sanvitalia procumbens

メキシコからグアテマラが原産です。わが国へは明治時代に渡来し
ました。高さは10〜20センチで、地面を這うようにして広がります。
7月から10月ごろ、2センチほどの小さな頭花を咲かせます。舌状
は明るい黄色または淡い黄色で、筒状花は黒紫色です。
キク科ジャノメギク属の一年草または多年草で、学名は Sanvitalia
procumbens。英名は Sanvitalia, Creeping zinnia。
Sanvitalia (Sanvitalia procumbens) belongs to Asteraceae (Aster family). It
is an annual or perennial herb that is native to Mexico through Guatemala.
It was introduced into Japan in Meiji Era (about 120 year ago). It can
reach 10-20 cm in height, creeps and spreads on the ground. This herb
blooms small flower-heads about 2 cm across from July to October. The
ray flowers are bright yellow to pale yellow and the tubular flowers are
blackish-purple.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中1〜2・下] 同上にて、2006年07月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp