サポジラ

Achras zapota

Achras zapota

Achras zapota

Achras zapota

Achras zapota

中央アメリカのユカタン半島からベリーズ、グアテマラが原産です。
高さは30メートルほどになります。今では、熱帯地域で広く栽培され
ています。果実は卵形または球形で、生食あるいは料理やシャーベ
ットの原料にされます。また樹液を加熱して塊状にしたものを「チク
ル」といい、チューインガムの原料となります。
アカテツ科サポジラ属の常緑高木で、学名は Achras zapota。
英名は Sapodilla。
Sapodilla (Achras zapota) belongs to Sapotaceae (the Sapote family). It is
a tall evergreen tree that is native to Central America; the Yucatan
Peninsula, Belize and Guatemala. This tree can reach about 30 m in height.
Nowadays, it is cultivated widely in the tropical areas. The fruits are ovate
or globose and used for raw diet or dishes and the raw material of sherbet.
The chicle is made by heating the tree sap and used for the raw material of
chewing gum.
[上・中1] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中2・中3] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp