サラセニア・カテスバエイ [Index] [Back]

Sarracenia x catesbaei

Sarracenia x catesbaei

サラセニア・フラバとサラセニア・プルプレアとの自然交配種です。母種の自生範囲が重複するバージニア州とフロリダ州が原産です。高地の湿地や泥炭湿原などに生え、高さは15〜25センチになります。この植物は群生し、直径60センチほどの大きなコロニーを形成する傾向があります。鮮やかな黄緑色とオレンジ色のトラップと幅広い赤色の模様があります。早春、30センチの花茎の上に、オレンジピンク色で芳香のある花を咲かせます。 
サラセニア科サラセニア属の常緑多年草で、学名は Sarracenia x catesbaei。英名は Catesby's pitcher plant。 
Catesby's pitcher plant (Sarracenia x catesbae) belongs to the Sarraceniaceae (the Picher plant family). It is an evergreen herb that is a natural hybrid between Sarracenia flava and Sarracenia purpurea. It is native from Virginia to Florida where the parent species' ranges overlap. This plant grows in wet pocosins and peat bogs, and up to a height of 15-25 cm. It tends to clump and form large colonies, about 60 cm across. It is delightful yellow-green and orange traps, and wide red veins. The orange-pink, fragrant flowers bloom on 30 cm scapes in early spring. 
イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp