サラカ・デクリナタ

Saraca declinata

Saraca declinata

Saraca declinata

Saraca declinata

タイからマレー半島に分布しています。「むゆうじゅ(S. asoca)」の近
縁種で、川の畔や湿った斜面に生え、高さは10〜15メートルになり
ます。3月から5月ごろ、赤橙色の花を咲かせます。花弁のように見
えるのは萼片です。
マメ科ムユウジュ属の常緑小高木で、学名は Saraca declinata。
英名は Red saraca。
Red saraca belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen tall tree
that is distributed in Thai to Malay Peninsula. This species is related to
Ashoka (Saraca asoca). This tree occurs in stream banks or wet slopes and
can reach 10-15 m in height. Red-orange flowers come in March to May.
The sepals look like petals.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年03月03日撮影。
[中2・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp