サルココッカ・フッケリアナ

Sarcococca hookeriana

Sarcococca hookeriana

Sarcococca hookeriana

Sarcococca hookeriana

Sarcococca hookeriana

ヒマラヤの東部からチベットの南西部に分布しています。高さは2メ
ートルくらいになり、根元から吸枝(きゅうし)を伸ばして広がります。
葉は披針形で光沢があり、先端が尖ります。早春、葉腋に小さな芳
香のある白色の花を咲かせます。果実は球形の液果で黒紫色に熟
します。種小名は19世紀のイギリスの植物学者、ジョセフ・フッカー
(Joseph D. Hooker)に因みます。
ツゲ科コッカノキ属の常緑小低木で、学名は Sarcococca hookeriana。
英名は Christmas box, Sweet box。
Christmas box (Sarcococca hookeriana) belongs to Buxaceae (Box family).
It is an evergreen shrub that is native from eastern Himalaya to south-
western Tibet. This shrub can reach about 2 m in height and spreads by
suckers. The leaves are lanceolate and glossy with acute tips. The small
fragrant white flowers appear on the axiles in early spring. The fruits are
round berries and ripen in blackish-purple. The specific epithet is named in
honor of 19th century British botanist Joseph D. Hooker.
[上・下] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中1〜中3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp