サリタエア・マグニフィカ [Index] [Back]

Saritaea magnifica

Saritaea magnifica

Saritaea magnifica

南アメリカの西部、コロンビアからエクアドル、パナマが原産です。蔓性で長さは6メートル以上になり、現在では熱帯地方で植栽されています。花は芳香があり、濃いピンク色から赤紫色で、咽部は白く赤紫色の蜜線があります。
ノウゼンカズラ科サリタエア属の常緑蔓性木本で、学名は Saritaea magnifica。英名は Glow vine。
Glow vine belongs to Bignoniaceae (Trumpet creeper family). It is an evergreen perennial vine that is native to western South America, Colombia, Ecuador and Panama. This vine can reach up to 6 m long, and cultivated in tropical areas nowadays. Flowers are scented, rose to magenta with white throat and magenta nectar lines.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中・下] 同上にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp