サラカ・タイピンゲンシス

Saraca thaipingensis

Saraca thaipingensis

Saraca thaipingensis

Saraca thaipingensis

Saraca thaipingensis

マレー半島に分布しています。「むゆうじゅ(S. asoca)」の近縁種で、
高さは12〜15メートルになります。新しい葉は青白く、枝先にぶらさ
がります。1月から4月ごろ、円錐状の散房花序に黄色い花をいっぱ
いに咲かせます。花弁のように見えるのは萼片で、真ん中が赤みを
帯びています。
マメ科ムユウジュ属の常緑高木で、学名は Saraca thaipingensis。
英名は Yellow saraca。
Yellow saraca belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen tall tree
that is distributed in Malay Peninsula. This species is related to Ashoka
(Saraca asoca) and can reach 12-15 m in height. The fresh leaves are ashen
and suspend from terminal twigs. Many yellow flowers come on the conular
corymbs from January to April. The sepals look like petals and tinged
reddish center.
[上・中2〜3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。
[中1] 同上にて、2004年02月07日撮影。
[下] 同上にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp