さるなし (猿梨)

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

Actinidia arguta

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、アムール地方に分布しています。山地の沢沿いなどに生え、蔓性で大きく成長します。葉は楕円形で堅く、縁には細かい鋸歯があります。5月から7月ごろ、直径1〜1.5センチの白い花を咲かせます。雌雄異株または雌雄雑居性です。小さな果実は円形から楕円形で、秋に熟して食べられます。
マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性低木で、学名は Actinidia arguta。
英名は Bower actinidia、Hardy kiwi、Tara vine。
Bower actinidia (Actinidia arguta) belongs to the Actinidiaceae (the Kiwi fruit family). It is a deciduous woody vine that is distributed through Japan to the Korean Peninsula, China, and Russia's Amur region. This climbing vine grows in dales. Leaves are elliptic with fine-toothed edges. White flowers 1-1.5 cm in diameter bloom in May to July. The plant is dioecious or polygamous. The small fruits are round to elliptic, ripen in fall, and are edible. (edit by Greg Brockelbank)
[上] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、2007年07月11日撮影。
[中1] 同上にて、2007年07月16日撮影。(photo by Takao Ito)
[中2・中3] 長野県松本市奈川にて、2005年06月25日撮影。
[中4] 長野県小谷村中土「鎌池」にて、2005年08月30日撮影。
[中5・中6] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。
[中7〜中9] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年09月13日撮影。
[中10・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年09月18日撮影。(photo by Aya Seko)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp