ささばも (笹葉藻) [Index] [Back]

Potamogeton malaianus

Potamogeton malaianus

Potamogeton malaianus

Potamogeton malaianus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、台湾、ニューギニアなどに分布しています。沈水植物で池や河川、水路などに生え、群生します。葉は長楕円形から狭披針形で鋸歯があり、基部には葉柄があります。7月から9月ごろ、穂状花序に目立たない花を咲かせます。和名は、「ささ」の葉に似ていることから。
ヒルムシロ科ヒルムシロ属の多年草で、学名は Potamogeton malaianus。英名はありません。
"Sasaba-mo" (Potamogeton malaianus) belongs to the Potamogetonaceae family (the Pondweed family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, China, Taiwan and New Guinea. This herb is a submerged plant that grows gregariously in ponds, rivers and ditches. The leaves are oblong to narrow lanceolate and serrate with petioles. The inconspicuous flowers bloom in spikes from July to September.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中2・下] 同上にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp