ささくさ (笹草)

Lophatherum gracile

Lophatherum gracile

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州それに朝鮮半島や中
国に分布しています。山地の林内や林縁に生え、高さは30〜60セ
ンチほどになります。葉は「ササ」に似た広披針形で、長さは20セン
チほどです。また葉は薄くて、縁には細かい鋸歯があります。8月か
ら10月ごろ、茎の先にまばらな花穂をつけます。漢方では淡竹葉
(たんちくよう)と呼んで、解熱や利尿に用いるそうです。
イネ科ササクサ属の多年草で、学名は Lophatherum gracile。
英名はありません。
岐阜県中津川市「苗木城趾」にて、2004年10月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp