さらしなしょうま (晒菜升麻)

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

Cimicifuga simplex

わが国の本州、関東地方から近畿地方にかけて分布しています。丘陵や山地に生え、高さは60〜120センチになります。葉は2〜3回3出羽状複葉で、卵形の小葉には不揃いな鋸歯があります。8月から9月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、白色の花を咲かせます。つぼみが開くと花弁は落ちてしまいます。「おおばしょうま」との違いは、花柄があることです。漢名では升麻(しょうま)といいますが、和名は若菜を茹で、水で晒して食用にするところから。
キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草で、学名は Cimicifuga simplex。英名は Sarasina-shoma。
The "Sarasina-shoma" (Cimicifuga simplex) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed westward from Kanto district to Kinki district of Honshu. This herb grows in foothills and mountains and can reach 60-120 cm in height. The leaves are biternate to triternate compound with ovate leaflets. The leaflets have irregular toothed edges. The spikes are borne on the stem apices and bloom white flowers. The petals shed early thought the sepals remain for a long time.
[上・中3・中5〜6] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年09月09日撮影。
[中1] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[中2・中7] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。
[中4] 長野県山ノ内町一瀬「志賀高原」にて、2003年07月20日撮影。
[中8〜中10] 群馬県片品村戸倉にて、2010年10月03日撮影。
[中11〜中14] 茨城県北茨城市関本町にて、
2012年09月22日撮影。
[中15〜中17] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2013年08月25日撮影。
[中18〜中20] 東京都八王子市「高尾山」にて、
2013年09月21日撮影。
[中21・中22] 福島県田村市滝根「大滝根山」にて、
2013年09月28日撮影。
[中23・下] 福島市松川町水原にて、2014年05月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp