さつき (皐月)

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

Rhododendron indicum

わが国の本州、神奈川県以西から近畿地方、それに九州に分布しています。渓谷の岸壁などに生え、高さは10〜100センチになります。春葉は披針形から広披針形、夏葉は倒披針形で、枝先に数個集まってつきます。「つつじ」より遅れて5月から7月ごろ、枝先に朱赤色の花を1〜2個咲かせます。花冠は漏斗形で5中裂し、雄しべは5個あります。園芸品種も多く作出され、ひとつの枝に異なった色の花が咲く、キメラ(咲き分け)といった品種もあります。 
ツツジ科ツツジ属の半常緑低木で、学名は Rhododendron indicum。
英名は Rhododendron。 
Rhododendron belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small semi-deciduous tree that is distributed westward from Kanagawa prefecture to Kinki district of Hanshu and Kyushu of Japan. This tree grows in montane stream cliffs and can reach 10-100 cm in height. The spring foliages are lanceolate to broad lanceolate, and the summer foliages are oblanceolate and crowd at the end of twig. The 1-2 flowers come in the terminal branchlets from May to July. The corolla is funnel-shaped and quintuple-lobate with 5-stamens. Many cultivars have been breeded. 
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月05日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2004年05月12日撮影。
[中5] 同上にて、2004年05月18日撮影。
[中6] 同上にて、2004年05月23日撮影。
[中7] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年08月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・中9] 岐阜県板取村「板取川」にて、2001年06月24日撮影。
[中10] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp