さわあざみ (沢薊)

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

Cirsium yezoense

わが国の北海道南部から本州の東北・北陸地方それに滋賀県北部などの日本海側に分布しています。山地の渓流沿いなどに生え、高さは1〜3メートルになります。茎にはくも毛が生え、葉は楕円形で大きく、羽状に分裂します。9月から10月ごろ、葉腋から花茎を伸ばし、淡紫紅色の頭花を下向きに咲かせます。頭花の下部に4〜6個の苞葉があるのが特徴です。岐阜県揖斐川町の春日地区では、昔から春の若菜を煮物や塩漬けに利用してきたそうです。 
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium yezoense。
英名はありません。 
"Sawa-azami" (Cirsium yezoense) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to northern Japan and distributed southward from southern Hokkaido to Tohoku and Hokuriku district of Honshu. This herb grows along montane streams and can reach 1-3 m in height. The stem is covered with spiderweb-like hairs. The leaves are large elliptic and divided into pinnate lobes. The flowering stalks are borne on the axiles and bloom downward pale magenta flower-heads from September to October. It is defined by 4-6 bracts under flower-head. 
[上・中1・中4] 群馬県みなかみ町大穴にて、2008年09月21日撮影。
[中2・中3] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中5〜中8] 宮城県蔵王町「青麻山」にて、2016年09月03日撮影。
[中9〜16・下] 山形県小国町小玉川にて、2016年09月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp