さわしば (沢柴)

Carpinus cordata

Carpinus cordata

Carpinus cordata

Carpinus cordata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、ウスリー地方に分布して
います。山地の谷沿いなどに生え、高さ15メートルほどになります。
樹皮は淡緑色を帯びた灰褐色で、老木になると菱形の浅い裂け目
が入ります。葉は広卵形で基部は深い心形、縁には不揃いの細か
い重鋸歯があり互生します。4月から5月ごろ、あざやかな黄緑色の
雄花序を下垂させます。雌花序は枝先から下垂し、苞に包まれてい
ます。シデ類は、昔から薪炭に利用されてきました。別名で「さわし
で(沢四手)」とも呼ばれます。
カバノキ科クマシデ属の落葉高木で、学名は Carpinus cordata。
英名はありません。
'Sawa-shiba' (Carpinus cordata) belongs to Betulaceae (Birch family). It is
a deciduous tall tree that is native to through Japan, Korean Peninsula,
China and Ussuri. This tree occurs in mountain dales and can reach about
15 m in height. The barks are pale greenish gray-brown and shallow
diamond fissuered when aging. The leaves are broad ovate, alternate with
deep heart-shaped bases and irregular fine duplicato-serratus edges. It is
borne the flowers in April to May. The male inflorescences are bright
yellowish green, drooping and the female ones are covered with bracts. This
tree has been used for fuelwood.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中1〜2・下] 同上にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp