サキシフラガ・ゲウム [Index] [Back]

Saxifraga x geum

Saxifraga x geum

今ではサキシフラガ・ウンブローサとサキシフラガ・ヒルスタとの交雑種と考えられています。おもにピレネー山脈に分布していますが、多くのヨーロッパの国々、イギリスを含めて、に帰化するようになりました。濃い緑色のカーペットを形成し、高さは18〜25センチになります。葉は円形または卵形で、やや円鋸歯状の縁があり、長い葉柄がつきます。5月から6月ごろ、円錐花序に、小さな白色で基部が黄色、赤色の斑点がある花を、いっぱい咲かせます。 
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、学名は Saxifraga x geum。
英名はありません。 
Saxifraga x geum belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is now known to be a hybrid between Saxifraga umbrosa and Saxifraga hirsta. This herb occurs mainly in the Pyrenees but has become naturalised in many European countries including Britain. It forms dark green carpets and can reach 18-25 cm in height. The leaves are round or ovate, shallowly crenate, with long petioles. The numerous small white flowers, yellow at the base and spotted red, bloom in panicles from May to June. 
イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp