サキシフラガ・グラニュラータ [Index] [Back]

Saxifraga granulata

Saxifraga granulata

ヨーロッパに分布しています。岩がちの尾根や草地、雑木林、牧草地それに砂礫地などに生え、高さは15〜40センチになります。葉は円腎形でやや厚く、わずかに毛があります。葉はロゼット状に根生するのと茎の下部に互生するのとがあります。5月から6月ごろ、白くて芳香のある花を3〜10個、散房花序に咲かせます。果実は2部分に分かれた卵形の刮ハです。花後、植物体は枯死し、零余子だけが残ります。 
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、学名は Saxifraga granulata。
英名は Meadow saxifrage。 
The Meadow saxifrage (Saxifraga granulata) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in rocky ridges, meadows, coppices, pastures, gravels, and it can reach 15-40 cm in height. The leaves are round-kidney-shaped, thickish, and sparsely haired. They are basal rosette and alternate on lower part of stem. The 3-10, white, fragrant flowers bloom in corymbs from May tu June. The fruits are 2-parted egg-shaped capsule. After flowering it dies, leaving only its bulbils. 
イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp