サキシフラガ・モスカータ [Index] [Back]

Saxifraga moschata

Saxifraga moschata

ヨーロッパのピレネー山脈からアルプス、アペニン山脈の北・中部に分布しています。標高1200〜4000メートルの岩礫地や砂地に生え、高さは1〜10センチになります。かなり密なクッションを形成します。葉は3〜15ミリで、ふつう3裂していますが、たまには5裂のものや分裂しないものなどがあります。7月から8月ごろ、くすんだ黄色やクリーム色の花を咲かせます。
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、学名は Saxifraga moschata。
英名は Musky saxifrage。
Musky saxifrage (Saxifraga moschata) belongs to Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to Pyrennes, Alps, northern and central Apennins. This herb grows in rocks, stony places 1200-4000 m elevation and can reach 1-10 cm in height. It forms fairly dense cushions. The leaves are 3-15 mm long, usually 3-lobed, but sometimes 5-lobed or unlobed. The dull yellow or cream flowers bloom from July to August.
スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、2009年06月25日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp