サキシフラガ・パニクラータ [Index] [Back]

Saxifraga paniculata

Saxifraga paniculata

Saxifraga paniculata

Saxifraga paniculata

北半球の周極地方に分布しています。高山帯の岩礫地に生え、高さは10〜25センチになります。葉は長楕円形から卵形の灰緑色で、細かい鋸歯があり、背の低いロゼットを形成します。夏に、花茎を伸ばして円錐花序をつけ、白色の花を咲かせます。
ユキノシタ科ユキノシタ属の常緑多年草で、学名は Saxifraga paniculata (syn. S. aizoon)。英名は White mountain saxifrage。
White mountain saxifrage belongs to Saxifragaceae (Saxifrage family). It is an evergreen perennial herb that is native to circumpolar. This herb occurs in alpine rocky areas and can reach 10-25 cm in height. The leaves are oblong to ovate, grayish-green and finely dentate. They form a low rosette. The panicles are borne on the flowering stalks and bloom white flowers in summer.
[上・中2] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・下] 同上にて、2007年06月27日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp