センティッドゼラニウム (匂い天竺葵)

Pelargonium sp.

Pelargonium cv. Radula

Pelargonium cv.

Pelargonium sp.

Pelargonium sp.

Pelargonium sp.

Pelargonium sp.

アフリカ南部が原産です。常緑の小低木で、高さは30〜120センチになります。葉には強い香りがあり、化粧品や食品用の香料として使用されます。4月から10月ごろ、淡いピンク色から紅色の花を咲かせます。種類によってさまざまな香りがあり、園芸品種も多く作出されています。和名では「においてんじくあおい(匂い天竺葵)」と呼ばれます。 
フウロソウ科テンジクアオイ属の常緑小低木で、学名は Pelargonium sp. (属の総称)。英名は Scented geranium。 
Scented geranium (Pelargonium sp.) belongs to the Geraniaceae (the Geranium family). It is an evergreen shrub that is native to southern Africa. This shrub can reach 30-120 cm in height. The leaves are strong scented and used as a purfume for cosmetics or foods. The pale ping to dark rose pink flowers come from April to October. There are various scented variery and many cultivars. 
[上] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。
[中1・中2] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2009年04月26日撮影。
[中3] スイス・ベルン州マイリンゲンにて、2002年07月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp