シェフレラ (宿りふかの木)

Schefflera arboricola

Schefflera arboricola

Schefflera arboricola

中国南部や台湾が原産です。高さは3〜5メートルになり、半着生し
て枝から気根をたくさん出します。葉は掌状複葉で、楕円形の小葉
が7〜12個つきます。観葉植物として栽培され、ふつうには「カポッ
ク」と呼ばれています。和名では、「やどりふかのき(宿りふかの木)」
ですが、「ふかのき(S. octophylla)」に着生することに由来します。
ウコギ科フカノキ属の常緑低木で、学名は Schefflera arboricola。
英名は Dwarf schefflera。
Dwarf schefflera belongs to Araliaceae (Ginseng family). It is an evergreen
small tree that is native to southern China and Taiwan. This tree can reach
3-5 m in height and has many aerial roots, semi-epiphytic. The leaves are
palmate compounds with 7-12 elliptic leaflets. It is cultivated as an
ornamental leafy plant.
[上・中] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、
2007年05月23日撮影。
[下] 兵庫県姫路市手柄「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp