シラー・カンパヌラータ

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

Scilla campanulata

ヨーロッパの西部、ポルトガルからスペインが原産です。山野の日当たりの良いところに生え、高さは20〜25センチになります。葉は扁平な線形で根生します。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をだし、青色やピンク色、白色などのベル形の花を咲かせます。 
ユリ科ツルボ属の多年草で、学名は Scilla campanulata。
英名は Spanish blue-bells、Wood hyacinth。 
The Spanish blue-bells (Spanish blue-bells) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the western Europe, Portugal and Spain. This herb grows in sunny fields and mountains, and can reach 20-25 cm in height. The leaves are flat linear and basal. The racemes come on the stalks and the blue,pink or white bell-shaped flowers bloom from April to May. 
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2007年04月19日撮影。
[中3] 同上にて、2006年05月02日撮影。
[中4] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、 2004年04月11日撮影。
[中5] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2008年04月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中6〜中8] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中9] 同上にて、2015年05月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10・下] [中9] 同上にて、2015年05月13日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp