スキルプス・ケルヌース [Index] [Back]

Scirpus cernuus

Scirpus cernuus

世界中の多くの地域、オーストラレーシアの一部を含めユーラシア大陸、アフリカ、南北アメリカに分布しています。海岸沿いや水辺に生え、高さは20〜25センチになります。茎のような円筒形の葉が、這い広がる地下茎から直接出ます。夏、個々の葉の先端から、濃褐色の小さな花を咲かせます。 
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus cernuus (sys. Isolepis cernua)。英名は Low bulrush。 
Low bulrush (Scirpus cernuus) belongs to the the Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to many regions of the world, including parts of Australasia, Eurasia, Africa, and North and South America. This grass grows along the coast or the water's edges, and it can reach 20-25 cm in height. The cylindrical leaves which reseamble stems, are borne directly from a creeping underground rootstock. The dark brown small flowers appear at the end of each leaf in summer. 
イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp