スキルプス・シルウァティクス [Index] [Back]

Scirpus sylvaticus

Scirpus sylvaticus

ユーラシアに分布しています。水路や湿った林、湖畔などに生え、高さは40〜100センチになります。茎は丈夫で直立します。葉は平らな線形で、幅が1〜2センチです。6月から8月ごろ、多くの分枝した花序に、非常に多くの、灰緑色をした、多花性の小穂をつけます。 
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus sylvaticus。英名は Wood club-rush。 
Wood club-rush (Scirpus sylvaticus) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to Eurasia. This grass grows in ditches, swampy forests and lakeshores, and it can reach 40-100 cm in height. The stem is stiff and erect. The leaves are flat linear, 1-2 cm wide. The numerous, grayish green, multiflorous spikelets are borne in many branched inflorescence from June to August. 
イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp