スクテルラリア・スフルテスケンス

Scutellaria suffrutescens

Scutellaria suffrutescens

Scutellaria suffrutescens

メキシコの北東部が原産です。高さは15〜30センチほどになり、茎
はよく分枝します。卵形の葉の先端は尖らず、わずかに毛が生え、
短い葉柄があります。晩春から初秋にかけて、「きんぎょそう」に似た
ピンク色の花を咲かせます。高温や乾燥に優れた耐性があります。
シソ科タツナミソウ属の常緑小低木で、学名は Scutellaria
suffrutescens。英名は Pink Texas skullcap, Texas rose。
Pink Texas skullcap belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen
shrub that is native to north-eastern Mexico. This tree can reach 15-30 cm
in height, and much branched. The leaves are ovate with round tips,
pubescent and short petiole. The snapdragon-like pink flowers come in late
spring through early fall. This shrub has high heat and drought tolerance.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] 同上にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp