スクテルラリア・ライティイ [Index] [Back]

Scutellaria wrightii

Scutellaria wrightii

アメリカの中南部、テキサス州とオクラホマ州に分布しています。切り通しやカリーチ層の土手などに生え、高さは15〜30センチになります。枝はよく分枝して直立し、丸い草姿となります。葉は卵形で、細毛に被われます。3月から6月ごろ、葉腋に紫青色の花を咲かせます。
シソ科タツナミソウ属の常緑小低木で、学名は Scutellaria wrightii。
英名は Bushy skullcap。
Bushy skullcap belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen shrub that is native to central-south USA, Texas and Oklahoma. This herb occurs in road-cuts or caliche banks and can reach 15-30 cm in height. It has numerous erect branches and forms rounded shape. The leaves are ovate and covered with minute hairs. The violet-blue flowers come in the axiles from March to June.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp