セダム・ヒスパニクム (薄雪万年草)

Sedum hispanicum

Sedum hispanicum

Sedum hispanicum

Sedum hispanicum

西アジアのパキスタンからアフガニスタン、トルクメニスタン、ロシア
南部に分布しています。茎は基部で分枝して直立し、高さは5〜20
センチになります。円柱形で青緑色の葉が互生します。3月から6月
ごろ、茎頂に総状または集散花序をだし、小さな白色の花を咲かせ
ます。花弁の真ん中には赤褐色の条が入ります。和名では「うすゆ
きまんねんぐさ(薄雪万年草)」と呼ばれ、ロックガーデンなどに利用
されます。
ベンケイソウ科マンネングサ属の一年草または多年草で、学名は
Sedum hispanicum。英名は Spanish stonecrop。
Spanish stonecrop belongs to Crassulaceae (Orpine family). It is an annual
or perennial herb that is distributed to West Asia, from Pakistan to
Afghanistan, Turkmenistan and southern Russia. The stem is much branched
at the base and erect, and can reach 5-20 cm in height. The leaves are
bluish-green columnar and alternate. The racemes or cymes are borne on
the shoot apices and bloom small white flowers. The petals have reddish-
brown stripes at the center. This herb is planted in rock gardens.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年06月21日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年06月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp