セダム・オレガヌム

Sedum oreganum

Sedum oreganum

Sedum oreganum

Sedum oreganum

Sedum oreganum

Sedum oreganum

Sedum oreganum

北アメリカの太平洋岸、カリフォルニア州北部からアラスカ州に分布しています。標高の高いところに生え、高さは10センチほどになります。匍匐枝を伸ばして広がり、葉はへら形で茎の先にロゼット状につきます。秋には赤褐色から赤色に紅葉します。夏、花茎を伸ばして集散花序をだし、黄色い花を咲かせます。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum oreganum。英名は Oregon stonecrop。
Oregon stonecrop (Sedum oreganum) belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). It is a perennial evergreen herb that is native to the Pacific side of North America, from northern California to Alaska. This herb grows at the high elevations, and it can reach about 10 cm in height. It spreads by the runners. The leaves are spatulate and arranged in rosette atop of stems. They turn in reddish-brown to red. The yellow flowers bloom in a cyme atop of flowering stem in summer.
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年04月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中6] アメリカ・オレゴン州「ベルクナップ・スプリングス」にて、2013年06月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp