セダム・スパツリフォリウム

Sedum spathulifolium

Sedum spathulifolium

Sedum spathulifolium

北アメリカの太平洋岸、カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州に分布しています。海岸沿いの岸壁や岩棚などに生え、高さは5〜20センチほどになります。葉は箆形でロゼットを形成します。葉縁は赤みを帯びます。6月から7月ごろ、茎の先の集散花序に黄色い星形の花を咲かせます。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum spathulifolium。英名は Broadleaf stonecrop。
Broadleaf stonecrop (Sedum spathulifolium) belongs to the family Crassulaceae (the Orpine family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Pacific side of North America, British Columbia south to California. This herb grows on seaside cliffs and rock ledges, and it can reach 5-20 cm in height. The leaves are spatulate and form a rosette. The leaf edges are tinged reddish. The yellow star-shaped flowers bloom in cymes atop of stem from June to July.
[上・中] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年04月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp