シーマニア

Gloxinia sylvatica

Gloxinia sylvatica

Gloxinia sylvatica

Gloxinia sylvatica

Gloxinia sylvatica

ペルーやボリビアが原産です。高さは30〜50センチになり、森林
の半日陰に生えています。名前は以前、シーマンニア属(Seemannia)
に分類されていたことから。秋から春にかけて、橙赤色の筒状花を
咲かせます。花冠の先端がごく小さく5つに反り返ります。
イワタバコ科グロキシニア属の常緑多年草で、学名は Gloxinia
sylvatica。英名は Bolivian sunset。
Bolivian sunset (Gloxinia sylvatica) belongs to Gesneriaceae (African violet
family). It is an evergreen perennial herb that is native to Peru and Bolivia.
This herb occurs in semi-shade places of woodlands and can reach 30-50
cm in height. The orange-red tubular flowers appear from fall to spring. The
collora is divided into 5 lobes and recurved at the tips.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年12月05日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年12月24日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[下] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp