せいようふき (西洋蕗) [Index] [Back]

Petasites hybridus

Petasites hybridus

Petasites hybridus

Petasites hybridus

ヨーロッパからアジア北部に分布しています。湿り気のある北総地や森林、流れの辺や小峡谷などに生え、高さは80〜120センチになります。葉は大きな円形で、直径は40〜70センチになります。春、葉が展開する前に、淡いふじ桃色または黄色がかった白色の頭花を咲かせます。
キク科フキ属の多年草で、学名は Petasites hybridus。
英名は Common butterbur。
Common butterbur (Petasites hybridus) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe and northern Asia. This herb grows in damp meadows, woods, streamsides and gullies, and can reach 80-120 cm in height. The leaves are large, round, with a diameter of 40-70 cm. The pale lilac-pink or yellowish flower-heads bloom in spring, before the leaves appear.
クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp