せんだいはぎ (先代萩)

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

Thermopsis lupinoides

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに朝鮮半島、中国やシベリアに分布しています。海岸の砂浜や原野に生え、高さは40〜80センチになります。葉は3個の小葉からなり、互生して葉柄の基部には大きな托葉があります。5月から8月ごろ、茎の先端に鮮やかな黄色の花を咲かせます。名前は、歌舞伎の「伽羅(めいぼく)先代萩」にちなみます。ただこの物語での実際の品種は、「きはぎ(木萩)」です。 
マメ科センダイハギ属の多年草で、学名は Thermopsis lupinoides。
英名は Siberian lupin。 
The Siberian lupin (Thermopsis lupinoides) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as the Korean Peninsula, China and Siberia. This herb grows in coastal gravelly beaches or moors, and can reach 40-80 cm in height. The leaves are trifoliate, arranged alternately with large stipulars at the base of petioles. The bright yellow flowers bloom at the top of stems from May to August. 
[上・中1〜2] 岐阜県高鷲村蛭ヶ野にて、2003年05月25日撮影。
[中3・中4] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[中5〜10・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp