せいようひいらぎ (西洋柊)

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

Ilex aquifolium

地中海沿岸から西アジアが原産です。自生地では高木になりますが、ふつうは低木です。縁に棘のある楕円形の葉が互生します。雌雄異株です。4月から5月ごろ、芳香のある白色の花を咲かせます。11月ごろには球形の果実が赤く熟します。「クリスマスホーリー」とも呼ばれ、クリスマスの飾りに使われます。
モチノキ科モチノキ属の常緑低木で、学名は Ilex aquifolium。
英名は Holly, English holly。
Holly (Ilex aquifolium) belongs to the Aquifoliaceae (the Holly family). It is a small evergreen tree that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea and West Asia. This tree grows taller in the indigenous lands. The leaves are elliptic, spinescent and arranged in opposite. It is dioecious. The fragrant white flowers bloom from April to May. The globose fruits ripen red in November. This tree is also called "Christmas holly", and used for Christmas decorations.
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年04月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中4・中5] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年12月20日撮影。
[下] 同上にて、2011年12月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp