せいようひるがお (西洋昼顔)

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

Convolvulus arvensis

ヨーロッパが原産です。今では世界の各地に帰化しています。茎は蔓性で、長さ1.5〜2メートルになり、地面を這って広がります。葉は鉾形で互生しますが、その形には大きな変異があります。7月から9月ごろ、葉腋から花茎をのばして、白色から淡い紅色の花を咲かせます。花冠は漏斗形で、花柄の基部に小さい苞葉が2個つきます。
ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属の多年草で、学名は Convolvulus arvensis。英名は Field bindweed。
The Field bindweed (Convolvulus arvensis) belongs to the family Convolvulaceae (the Bindweed family). It is a perennial herb that is native to Europe. This weed is widely naturalized throughout most of the world nowadays. It grows on a long trailing vine and it can reach 1.5-2 m long. The leaves are commonly hastate and alternate, and have many variety in their shapes. The flowering stalks are borne at the axils and bloom white to pale-pink flowers. The corolla is funnel-shaped, and the small two bracts are at the base of peduncle.
[上] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ市にて、
2007年03月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、2004年04月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2011年04月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜中9] アメリカ・アイダホ州ツインフォールズにて、
2013年06月12日撮影。
[中10〜中12] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月18日撮影。
[中13〜中15] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2013年11月02日撮影。
[下] ギリシャ・フィリッピにて、2014年09月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp