せいさりゅう (青鎖竜)

Crassula muscosa

Crassula muscosa

Crassula muscosa

南アフリカのケープ地方からナミビアそれにレソトに広く分布していま
す。多茎の多肉植物で、高さは30センチほどになります。鱗片状の
小さな葉が重なって密につきます。茎の上部に、小さな黄白色の花
を咲かせます。
ベンケイソウ科クラッスラ属の常緑多年草で、学名は Crassula
muscosa。英名は Rat's-tail cypress, Rattail crassula, Watch chain。
Rat's-tail cypress belongs to Crassulaceae (Orpine family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Cape Province of South Africa,
Namibia and Lesotho. This herb is a multi-stemmed succulent and can
reach about 30 cm in height. The leaves are scalelike and thickly. The tiny
yellowish-white flowers come in upper stems.
[上・中] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(phoo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp