せいしぼく (青紫木)

Excoecaria cochinchinensis

Excoecaria cochinchinensis

Excoecaria cochinchinensis

Excoecaria cochinchinensis

Excoecaria cochinchinensis

アメリカ大陸を除く世界の熱帯地域に分布しています。古くから観葉
植物として栽培されています。葉は表面が濃い緑色で、裏面が赤紫
色です。夏に目立たない花を咲かせます。有毒植物で、茎からでる
乳液は毒矢に使われたそうです。そのため東南アジアでは、燃やし
た煙でさえ目を傷めることから「盲目の木(Blindness tree)」と呼ばれて
います。
Chinese croton (Excoecaria cochinchinensis) belongs to Euphorbiaceae (the
Spurge family). It is a small evergreen tree that is distributed to tropical
latitudes excepting the New World. This tree has been cultivated as an
ornamental foliage plant from long ago. The leaves are dark green surface
and burgundy red rear surface. The inconspicuous flowers bloom in
summer. The plant is toxic and the saps are used as a poison dart.
トウダイグサ科セイシボク属の常緑低木で、学名は Excoecaria
cochinchinensis。英名は Chinese croton。
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年08月14日撮影。
[中3・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp