せいようじゅうにひとえ (西洋十二単)

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

Ajuga reptans

アジアの温帯地域からヨーロッパに分布しています。平地から亜高山帯までの草原や林内に生え、高さは15〜20センチになります。匍匐枝をだして広がり、葉は楕円形で縁には波状の鋸歯があります。4月から5月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、青色の唇形花を咲かせます。園芸品種も多く、ピンク色や白色の花色もあります。別名で「せいようきらんそう(西洋金瘡小草)」とも呼ばれます。
シソ科キランソウ属の常緑多年草で、学名は Ajuga reptans。
英名は Bugle、Ajuga。
Bugle (Ajuga reptans) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial herb that is distributed from temperate areas of Asia to Europe. This herb grows in fields and forests, lowland to sus-alpine and can reach 15-20 cm in height. It spreads by stolons and the leaves are elliptic with wavy toothed edges. The spikes are borne on the stem apices and the blue labiate flowers bloom in April to May. Many cultivars are breeded and varied flower colors such as pink or white.
[上・中1] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中2・中3] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。
[中4・中5] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中6] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2009年03月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] クロアチア・プリトヴィッツェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中9・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp